トップ

足のむくみを改善する

足のむくみの原因とは

足のむくみの原因について

毎日お仕事を頑張っているOLの中には、午後から夕方になると足のひどいむくみに悩まされているという方も少なくないかもしれません。朝履いてきた靴が夕方になるときつくなって、帰宅時歩くのが辛いということもあるかもしれません。そもそも足はなぜむくんでしまうのでしょうか。

足がむくんでいるというということは足に流れてきた血液が、静脈やリンパ管がスムーズに流れないことによって、心臓に戻るべき水分が戻っていけずに溜まってしまっている状態です。

このように足がむくむ原因には、長時間の立ち仕事や長時間座りっぱなしのデスクワークなど、長時間同じ姿勢でいることが挙げられます。また、運動不足や冷え性などの血行不良もむくみの原因となります。足のむくみの情報を確認してみましょう。

足の血液を心臓に戻すためにはふくらはぎの筋肉による筋ポンプ作用が不可欠です。しかし、長時間同じ姿勢でいたり、運動不足だったりするとふくらはぎの筋力は衰えてしまい、本来の血液を心臓へと押し戻す働きが弱まってしまうため、心臓に戻っていけなかった血液が足に溜まり、むくみとなってしまうのです。

同じように冷え性も血流が悪い状態ですから、滞っている血液がむくみを生じさせてしまいます。そのほかに気を付けなければいけないのは、病気がむくみの原因となっている場合です。

下肢静脈瘤は重力に逆らって流れる静脈の血液を逆流させない働きをしている静脈弁が壊れることにより、逆流した血液が静脈にどんどん溜まっていく病気です。下肢静脈瘤の自覚症状の一つに足のむくみがありますから、注意が必要です。

また、肝臓や腎臓の病気から足がむくむ場合もあります。ただの疲労のせいだと思っていたら、実はほかの病気が潜んでいたということもあり得ますから、むくみの症状が続くようであれば早めの病院を受診するようにしましょう。

Copyright © 足のむくみの原因とは. All rights reserved.